スムストックの必要性

今までになかった住まい選びのプレミアムな選択肢「スムストック」

日本の住宅の平均寿命は約31年※。これは英国の半分にも満たない短さです。しかし、安心して長く住み続けられる良質な中古住宅はたくさんあります。優良ストック住宅推進協議会では、良質な中古住宅の価値を「プレミアムな住宅」=「スムストック」として評価し、今までになかった住まい選びの選択肢として、流通させる取り組みを行っています。
※住宅の平均寿命比較(国土交通省 平成18年度版「住宅経済データ集」より)

住宅は、耐久消費財ではなく社会の共有の資産と考えています。

日本の住まいは、建てては壊すスクラップ&ビルドの考え方が主流でした。そして地球環境保全の視点から住宅の長寿命化が求められる時代になっても、まだ優良な中古住宅の価値が認められていないのが実情です。そんな中、住宅メーカー9社(現在10社)が参加して設立されたのが「優良ストック住宅推進協議会」です。良質な中古住宅の価値を評価することで、住宅を社会共通の資産にしたいと考えています。

住宅は、耐久消費財ではなく社会の共有の資産と考えています。

長寿命住宅のストック化により、既存住宅の流通を促進します。

私たちは早くから優良なストック住宅の流通を整備し、長期点検制度の導入や履歴の保持などに取り組んできました。そしてこれまで供給してきた各社の優良なストック住宅を、共通の考え方に基づいて市場に提供し、既存住宅の流通市場を少しでも安心で価値あるものにすることが、日本の住まいの長寿命化に貢献できる最善の方法であると確信しています。

長寿命住宅のストック化により、既存住宅の流通を促進します。

豊かな生活と安全・安心のために、優良な住宅がいま求められています。

今後住宅を購入する人が将来も安心して暮らしていけるようにするためには、未来の資産となり社会全体の財産となる優良な住宅を建築することが必要です。[スムストック]は、建物の価値を適正に評価することで、流通時の信頼性を高め、安心して購入していただける住宅を整えることを目指しています。

豊かな生活と安全・安心のために、優良な住宅がいま求められています。
スムストック3つの条件 スムストックのメリット
購入をお考えの方 売却をお考えの方